トップページ
トップページ 会社概要 お問い合わせ PCB リンク
 トップページ > PCB関連 > 教えて、ガイドライン > (1)PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン
 収集・運搬のフロー  教えて、ガイドライン  用語解説  法令略称一覧

(1)PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン(抜粋)

収集・運搬の方法
(1) PCB 廃棄物の収集・運搬に当たっては、委託契約及び廃棄物処理法に定める処理基準に従い行わなければならない。

(2) 保管事業者がPCB 廃棄物の運搬を委託する場合には、必要事項を記載したマニフェストの交付又は電子マニフェストによる必要事項の登録を行わなければならない。
液抜き・解体
(1) 広範囲な発錆による減肉等の理由で、目止め材による補修を講ずることが困難な場合、PCB廃棄物を移動することにより、破損、漏洩するおそれがあり、機器を容器に収納することができない場合、大型機器であって保管場所からの搬出・運搬が困難であるといった場合には、保管場所において液抜き・解体を行うことを検討する。

(2) 保管事業者は、トランス等の構造、重量物の取扱い・運搬方法に関する知識及び経験を有する者の協力を得て、液抜き・解体の方法を決定する。

(3) 液抜き・解体に当たって、生活環境の保全上支障を生ずるおそれのないように必要な措置を講ずること。
表示・標識
(1)収集・運搬を行う場合には、廃棄物処理法の規定により、産業廃棄物を収集運搬している旨を運搬車に表示するとともに、その他関係法令の規定により、運搬車及び運搬容器に必要な表示をしなければならない。

(2)収集・運搬を行う場合には、運搬容器に「PCB」及び収集・運搬に係るPCB 廃棄物の種類を表示し、運搬車に「PCB」と表示しなければならない。
携行書類
収集・運搬を行う場合には、収集・運搬に係るPCB 廃棄物の種類及び当該PCB 廃棄物を取り扱う際に注意すべき事項を記載した文書その他必要な書類を携帯すること。
運搬容器の基準
PCB 廃棄物の収集・運搬を行う場合には、運搬容器に収納して行うこととし、運搬容器は次のとおりとすること。

(1) 密閉できることその他PCB 廃棄物の漏洩を防止するために必要な措置が講じられていること

(2) 収納しやすいこと

(3)損傷しにくいこと
運搬容器の選定
PCB廃棄物の運搬容器は、PCB廃棄物の種類、性状及び状態に応じて適切に選定する必要がある。
運搬容器の再使用
運搬容器は、PCB 廃棄物による二次汚染がないよう必要な措置を講じた上、同じ用途のため再使用することができる。
運搬容器の維持管理
  (1) 運搬容器は、適切に保管、維持管理すること。

(2) 運搬容器の使用者は、使用の都度、運搬容器に異常がないことを点検すること。

(3) 運搬容器の所有者は、運搬容器の運用、検査及び修繕結果等の維持管理内容を記録し、保管すること。


 ▲ページトップへ


 収集・運搬のフロー  教えて、ガイドライン  用語解説   法令略称一覧


Copyright © 2011 TADOTSU UNSOU CORPORATION